THE GRIFT SENSE

好きな飲みものは潤滑油です。

家でニキビを治すための10個の方法

f:id:thegriftsense:20171006221514j:plain

はじめに

肌は内側の健康を映す鏡です。綺麗な肌は、適切なケア、水分補給、および健康的アン食事があってのものです。肌の不具合は、酸化的損傷、栄養不足、ホルモンバランスの崩れなどのあらわれなのです。

多くの人々が、ニキビを治すときに処方された薬や市販薬に頼ることを選択します。しかしそれとは別に、気軽に家で行えるニキビを治すための10個の方法をこれから紹介します。エッセンシャルオイルや、適切なクレンジング、理にかなった栄養補給で、ニキビのための家庭でできる解決策を考えましょう。

 

ニキビの原因

f:id:thegriftsense:20171006221747j:plain

まずはニキビの原因を知っておいた方が良いでしょう。ニキビの主な原因には、毛穴の詰まり、バクテリア、皮脂の過剰な分泌などがあります。とある研究によると、ホルモン、食事、ストレス、ステロイド、避妊薬、抗精神薬などが、にきびを悪化させる可能性があるという報告もされています。


今日からはじめるニキビを治すための10の方法

肌には個人差があるので、家庭でのニキビ治療には、多面的なケアと健康的な食事が不可欠です。これから示す方法を組み合わせてスキンケアをしてみたり、自分にあったものを継続してください。

 

1 はちみつクレンジング

f:id:thegriftsense:20171006222301j:plain

頑固なニキビ、毛穴の汚れを治すには、徹底したやさしいクレンジングが必要です。特におすすめなのが手作りのハチミツクレンジングオイルでのクレンジングです。作り方は下に載せているハチミツクレンジングオイルのレシピを試してみてください。クレンジングをするときは、温かいお湯で肌をやわらかくしてから、顔や首をマッサージするようにしてください。洗ったあとは、きちんとタオルで水けをふき取ります。毎日、朝と夕方にこれを行います。そうすることで皮脂の分泌をおさえられます。

ハチミツクレンジングオイルの作り方

材料
ココナッツオイル おおさじ1
ハチミツ おおさじ1
リンゴ酢 おおさじ1
ティーツリーオイル 20滴
プロバイオティクス 2錠

これらすべてを混ぜて完成です。
涼しい場所で保管してください。

ハチミツには肌をほぐす効果があり、ココナッツオイルはバクテリアや細菌と戦うのに役立ち、ティーツリーオイルは皮膚を活性化させます。ぜひいちどお試しください。

 

2 リンゴ酢スキンケア

f:id:thegriftsense:20171006222353j:plain

洗顔後やクレンジング後に、いちどリンゴ酢で顔をすすぐと、皮膚のpHレベルが回復します。つまりリンゴ酢のおかげで、肌が弱酸性に近い状態になるのです。

またリンゴ酢には、カリウムマグネシウム、酢酸および皮膚上の細菌をやっつけるさまざまな酵素がつまっています。慢性的になニキビは、皮膚の表面の細菌のせいである可能性が高いので、リンゴ酢で肌の細菌をコントロールすることで、清潔な肌を保つことができ、ニキビが治ります。

 

3 はちみつヨーグルトパック

f:id:thegriftsense:20171006222448j:plain

水分を補給して肌を癒すために、週に2~3回のパックは欠かせません。ヨーグルト、ハチミツ、シナモン、エッセンシャルオイルの成分は、水分補給を助けます。

はちみつヨーグルトパックの作り方

ハチミツとヨーグルトをおおさじ1杯ずつ混ぜる。これだけ!
あとはそのはちみつヨーグルトを、ニキビの気になるところに塗って、10分間リラックスします。終わったら、濡らしたタオルでやさしく拭き取ってください。

シナモンとはちみつのパックの作り方

ハチミツおおさじ2杯に、ココナッツオイルをこさじ1杯、シナモンをほんの少しだけまぜます。これで完成です。ハチミツとシナモンを同時に使用すると、ニキビの炎症を抑えたり、抗酸化、抗菌性など、ニキビと戦うのにとても効果を発揮します。ただシナモンには刺激があるので、目の近くには塗らないようにしてください。これも5~10分間リラックスしたあと、濡らしたタオルで拭き取ってください。

またニキビが酷いときには、上で紹介したふたつのパックにティーツリーオイルを数滴加えます。ティーツリーオイルには殺菌効果がありますし、いまのところニキビに対してはいちばん効果のあるオイルだと言われています。

 

4 スクラブ

f:id:thegriftsense:20171006222544j:plain

毛穴の詰まりは、ニキビの原因です。適度に毛穴をきれいにしてあげなければいけません。けれど市販のスクラブ洗顔剤には、皮膚を刺激する化学薬品が使用されているものがほとんどです。

そこで簡単に家で作ってしまいましょう。作り方はとても簡単です、まずベースにココナツオイルかハチミツを用意して、そこに食塩か砂糖を混ぜるだけです。食塩と砂糖の粒子がスクラブの役割を果たしてくれます。スクラブが終わったら水でよくすすいでください。

またハチミツとココナッツオイルは、皮膚上の細菌を倒すのにも役立ちます。

 

5 ティーツリーオイル療法

f:id:thegriftsense:20171006222621j:plain

ニキビにはティーツリーオイルが効果的とされています。ティーツリーオイルは消毒剤として、傷を治すために世界中で使用されています。ココナッツオイルやはちみつとおなじように、雑菌をやっつけてくれるのです。

ティーツリーオイル療法のやり方は、まずココナッツオイルの原液は顔に塗るには刺激が強すぎるので、ベースとなるオイルを用意します。ベースオイルは、ココナッツオイルかホホバオイルが一般的です。そのベースオイルに、ほんの数滴(4~8滴)だけティーツリーオイルをまぜて、気になるニキビに塗ります。ニキビは小さくなり、正常な肌にもどります。

 

6 バジルオイル治療

f:id:thegriftsense:20171006222740j:plain

バジルオイルがニキビの原因であるバクテリアを倒してくれることが、研究で発表されています。またバジル茶は、健康的な血糖値とホルモンバランスをもたらしてくれます。血糖値とホルモンバランスはニキビともおおきなかかわりがあるので、バジル茶を毎日飲むことにより、自然とホルモンバランスが整えられ、身体の内側からニキビになりにくい体質になっていきます。――これがいまのところ家でできる最も良いニキビ治療法だと云われています。

またバジル茶をニキビに塗布することも有効です。さらにバジルオイルと、うえで紹介したパックやスクラブに混ぜて使うこともたいへん効果的です。

 

7 ココナッツオイル保湿

f:id:thegriftsense:20171006222828j:plain

ニキビを治すためには肌は乾燥していた方がいいと一般的に思われていますが、ニキビが良くなりやすい肌というのは十分に保湿された肌なのです。肌が乾燥してしまうと、皮膚がより多くの皮脂が分泌されてしまい、それによってアクネ菌が増加してしまうのです。

そこでココナッツオイルです。ココナッツオイルに含まれるラウリン酸は、最近によって引き起こされるニキビに対して素晴らしい殺菌作用を発揮します。さらにココナッツオイルは、地球上でもっとも多様性のある健康的なオイルです。肌や髪を保湿して開腹させるため、ココナッツオイルが含まれた美容製品の需要が高まっています。

ココナッツオイルでの保湿方法は、手のひらにココナッツオイルをたっぷり出し、顔や首に塗ります。そして5分間放置してから、乾いたタオルで拭き取ります。必要な分は肌に吸収されていますので、余分なココナッツオイルは拭き取ったほうが良いのです。

さらにココナッツオイルは日焼け止めの効果もあります。SPFは8程度ですが、市販の日焼け止めとは違って、有害な化学物質が含まれていませんので、ニキビの悪化を防ぐことができます。

 

8 プロバイオティックサプリメント

f:id:thegriftsense:20171006223131j:plain

ニキビと戦うには、外部治療と内部治療が必要です。生きたプロバイオティクスは、内臓のはたらき、免疫システムの機能をサポートし、ニキビが治りやすい体質をつくってくれます。

研究でも、プロバイオティック食品やプロバイオティックサプリメントは有望で安全なニキビ治療を助けるアイテムと報告されています。

 

9 グッグル(ハーブの一種)

f:id:thegriftsense:20171006223223j:plain

グッグルは、脂肌が原因のニキビ患者に対して抜群の効果を発揮するという研究結果があります。グッグルサプリメントを摂取した患者は、ニキビが減少し、さらにその半分の患者にはニキビの再発が一切見られなかったことが判明しています。

グッグルのサプリメントがニキビ治療に注目されています。

 

10 健康的な食事

f:id:thegriftsense:20171006223314j:plain

ニキビを治すためには、インスリンの生成につながる血糖値を上げない食品を食べることが重要です。緑黄色野菜、果物、タンパク質などを摂取するようにしましょう。健康な脂肪は、肌の健康を促進し、家庭でのニキビ治療に不可欠です。

ヨーグルトやカボチャの種や鶏肉など、亜鉛が豊富な食品も良いとされています。これは低亜鉛の人ほどニキビになりやすいというデータを根拠とするものです。

さけるべき食品は、小麦、佐藤、乳製品などです。乳製品がニキビの原因であることは研究で指摘されています。それでも生乳ならニキビに影響しないという報告もありますので、牛乳を飲む際には、できれば生乳を飲むようにしましょう。

また自分のアレルゲンを調べ、自分に合わない食べ物は避けるようにしましょう。

 

さいごに

ニキビが治ったあとも、きちんと健康的な食事をし、水分をきちんと取り、枕をきれいに保つことを心がけましょう。

また髪の生え際にニキビができる場合は、シャンプーに原因があるかもしれません。シャンプーやコンディショナーには、石油、パラベンシリコーン、硫酸塩、パンテノールなどの化学物質を含み、ニキビの原因になります。なので、シャンプーとコンディショナーは無添加のものを選ぶことをおすすめします。また、コンディショナーは、ココナッツオイルとリンゴ酢とエッセンシャルオイルを混ぜてつくることのできる自家製のものを使うのもおすすめです。

また化粧品にも、ニキビの原因となる成分が含まれています。ラノリン、鉱物油、アルミニウム、酢酸レチニル、アルコール、オキシベンゾン、トリクロサン、パラベン、プリエチレン、ホルムアルデヒドベースの防腐剤。

あまり気にしすぎも良くないでしょうが、できるだけオーガニックなものを使い、自分にあった方法で、忍耐強く健康的にニキビを治していきましょう。