THE GRIFT SENSE

好きな飲みものは潤滑油です。

高級洗顔器のブラシ部分だけを買って洗顔してみたら最高だったので、本気でおすすめしたい

電動洗顔器のブラシ部分だけなら千円くらいで買える

僕が電動洗顔器を買おうと思ったのは、有名YouTuebrのヒカキンさんが動画でフィリップスの洗顔器を紹介していたからだ。

 

 

試しにHIKAKINさんが動画で紹介していたフィリップスの洗顔器をAmazonで調べてみる。「まあ、3000円くらいだろ」と軽い気持ちで検索すると、

 

f:id:thegriftsense:20160804124212p:plain

 

「……い、15000円……くそ高ぇ」って声が漏れそうだった。読みたい本は買うのではなく図書館で借りる派であるくらい庶民的な僕にとって、肌のお手入れの道具に15000円はちょっと手が出そうにない。分割払いで100円/月の150回払いならまあ買えないこともないかなあっていうレベルである。他の洗顔器も調べてみるが、やはり高額なものばかりである。なんなのだ、洗顔って貴族の遊びかなにかなのか? けれどそこで僕の目に3000円の洗顔器が飛び込んでくる。

 

f:id:thegriftsense:20160804125249p:plain

 

「こ、これなら……」と唾をのむ僕。Amazonレビューも星4つである。けれども「安物買いの銭失い」という庶民に対して手厳しいことわざが脳裡をよぎってしまってなかなかカートに入れることができない。買うべきか買わざるべきか。葛藤に葛藤を重ねた僕は、そこでAmaonの商品の並び順を「価格の安い順番」に設定した。するとズラリと表示される低価格帯の商品たち。しかしそこに羅列されているものは、もはや洗顔器ではなく、洗顔器の先端部分の付け替え用のブラシであった。「お前なんかこれで十分だ」といわれているような気分である。僕は真顔になって、「これとか、じいちゃんが足の裏の水虫を洗うときに使ってるヤツににてるなあ」とか思ってた。

 

f:id:thegriftsense:20160804130814p:plain

 

そして少しスクロールすると、

 

f:id:thegriftsense:20160804130915p:plain

 

やはり500円や600円の価格帯では洗顔器はあらわれず、ほとんどの商品の表記は「洗顔器部品」である。けれど、ぼくはそこで考えた。電動洗顔器っていうけれども、ブラシ部分があんなにくるくる回る必要ってあるのか? 付け替えのブラシ部分だけ買って、そのブラシ部分を手で持って洗顔するのと、いったいどれほどの違いがあるのだ? 例えばこれは極論だけれども、スポンジで食器を洗うとき、そのスポンジが電動で回転するとしたらどうだろうか。僕的には「ええ……なんで回ってるの……」って感じだ。別に回転してくれなくても手で十分じゃんみたいな。むしろ回転されるより手でやったほうがやりやすいし、みたいな。そして、それって洗顔器でも同じことがいえるんじゃないのか? つまりブラシ部分だけあれば、本体部分なんていらないんじゃないのか? そもそもブラシ部分こそが本体なんじゃないのかという感情である。ちなみに、ヒカキンさんが紹介していた電動洗顔器は15000円だったが、気になるその付け替え用ブラシ部分の値段は、なんと驚きの――、

 

f:id:thegriftsense:20160804132342p:plain

 

 

 

1365円。なんとなんと1365円である。「15000円は無理だが、これなら買える!」と、僕は光の速さでカートに入れてお会計をしてしまった。画像を見てお気づきかもしれないが、マジで買ってしまっている。そして、もうすでにこの「フィリップス 洗顔ブラシ ビザピュア 【毛穴のケア用】ディープクレンジングブブラシ SC5996」は僕の手元に届いている。それがこちらである。

 

f:id:thegriftsense:20160804133203j:plain

 

f:id:thegriftsense:20160804133212j:plain

 

商品が届いての感想は、「手触り最高」と「思ってたより小さかったな」というくらい。しかしながらこれで僕も最高の洗顔体験ができるのである。

 

手動でブラシ洗顔してみての感想

あえて電動洗顔器のブラシ部分だけを購入して、手動でブラシを使用するという洗顔方法で顔を洗ってみた結果…………。これは本当に意外に思われるかもしれないが、マジで「最高かよ」といわずにはいられなかった。鼻はツルツルになり、黒ずんでいた毛穴がスッキリしている。もはや自分の肌とは思えないほどの美しさである。ブラシを抱き締めたくなったほどだ。なにより「手動で十分」と確信を得ることができた。むしろ「電動で回転する意味ってなんだよ」といいたくなったといっても過言ではない。

 

ただあえてデメリットをあげるとするなら、泡のせいでブラシがちょっと滑るということくらいだろう。それでもしっかりホールドして持てば何も問題ない。むしろ手動にすることで生まれるメリットの方が大きいのではないのかと思う。たとえば、まず充電の必要がない、さらに機械が故障するということがない(というか機械部分がない)、場所をとらない、旅行とかにも簡単に持っていける、などメリットありすぎである。もちろん、ブラシだけしか買っていないので本来の価格の十分の一以下の値段であるという金銭面でのメリットも忘れてはいけない。

 

ということで、「電動洗顔器のブラシ部分だけ購入する」という庶民におすすめの洗顔方法でした。取り換え用のブラシは、いい洗顔器のブラシを選んだ方がいいと思います。僕はヒカキンさんが紹介していた洗顔器用の取り換えブラシを買いましたが、取り換え用ブラシも様々なのでAmazonレビューなどを参考にして決めるのが吉でしょう。敏感肌用とかもあるので、吟味してから試してみてください。ちなみに僕が使っている洗顔料はロゼットの緑である。これも超おすすめ。

 

このブラシを二週間つかってみた感想を記事にしました。

griftsense.hatenablog.com

 

おわり。

 

 

ロゼット 洗顔パスタ 海泥スムース 120g

ロゼット 洗顔パスタ 海泥スムース 120g