THE GRIFT SENSE

好きな飲みものは潤滑油です。

家でニキビを治すための10個の方法

f:id:thegriftsense:20171006221514j:plain

はじめに

肌は内側の健康を映す鏡です。綺麗な肌は、適切なケア、水分補給、および健康的アン食事があってのものです。肌の不具合は、酸化的損傷、栄養不足、ホルモンバランスの崩れなどのあらわれなのです。

多くの人々が、ニキビを治すときに処方された薬や市販薬に頼ることを選択します。しかしそれとは別に、気軽に家で行えるニキビを治すための10個の方法をこれから紹介します。エッセンシャルオイルや、適切なクレンジング、理にかなった栄養補給で、ニキビのための家庭でできる解決策を考えましょう。

続きを読む

伊坂幸太郎の小説をすべて読んだ僕が、おすすめの順にランキングとレビューをしていく

はじめに

これは伊坂幸太郎の小説をすべて読んだ僕の独断と偏見によるランキングである。また本記事では、この記事を書いている2016年08月現在までに単行本として出版されているすべての伊坂幸太郎の小説をランキング付けしている。これから伊坂幸太郎を読む人、ひさしぶりに伊坂幸太郎を読む人、そういうひとのちょっとした参考になればと思う。

 

1位 アヒルと鴨のコインロッカー

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

「一緒に本屋を襲わないか」大学入学のため引っ越してきた途端、悪魔めいた長身の美青年から書店強盗を持ち掛けられた僕。標的は、たった一冊の広辞苑――四散した断片が描き出す物語の全体像とは? 清冽なミステリ。

 

第25回吉川英治文学新人賞作。一言でいえば、だれもラストを予測できない小説。なぜ広辞苑を盗むためにモデルガンを片手に本屋を襲うのか――そんな魅力的な謎からはじまるこの物語は、このミステリーがすごい二位にも選ばれている。現在と二年前のエピソードが交互に展開していき、そのすべての印象的で面白いエピソードがすべて衝撃的なラストの伏線になっているのだからすごい。動物虐待、とある病気、とある差別、とある大切な人の死、リアルと寓話のちょうど真ん中みたいな雰囲気をぜひ読んで味わってほしい。

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

 

 

続きを読む

超いちご鼻だった僕が、たった二週間でツルツルな鼻になった洗顔方法を書いてみる【毛穴さっぱり!!】

 

はじめに、僕がいままで試してきた洗顔とスキンケア

高校生くらいからずっと顔の毛穴について悩んできた僕は、これまでいろいろな手段で毛穴の汚れを取りのぞこうとして、そしてその度に失敗してきた。毛穴パックや、オロナインパック、果ては炭酸水洗顔なるわけの分からないものに手を出したこともある。もちろん睡眠時間や食事、適度な運動なども心がけてみたが、どうやっても毛穴の開きと汚れが良くなりそうな兆しはみられない。ネットの美容掲示板では「有名な女優ですら鼻の毛穴は開いてるんだから、何をしても無駄」という書き込みすらあって、僕はもうきっぱりと諦めたほうがいいのだろうなと思い始めていた。

続きを読む

高級洗顔器のブラシ部分だけを買って洗顔してみたら最高だったので、本気でおすすめしたい

電動洗顔器のブラシ部分だけなら千円くらいで買える

僕が電動洗顔器を買おうと思ったのは、有名YouTuebrのヒカキンさんが動画でフィリップスの洗顔器を紹介していたからだ。

 

 

試しにHIKAKINさんが動画で紹介していたフィリップスの洗顔器をAmazonで調べてみる。「まあ、3000円くらいだろ」と軽い気持ちで検索すると、

続きを読む

中二病的でクールな歌詞が胸にぶっ刺さるおすすめの13曲

f:id:thegriftsense:20160731104142j:plain

身もだえするほどカッコいい中二病的な歌詞の曲をメジャーマイナー洋楽邦楽ボカロ曲問わずに紹介していきます。この記事で「やっぱ中二病サイコーやん!」ってなって欲しいです。メジャーなものはBUMP OF CHICKENAqua Timezなど、マイナーなものはバズマザーズやそれでも世界が続くならまで幅広くやっていきたいと思います。では、まずはメジャーな一曲目から。

続きを読む

映画館の入場料金が1800円である意外な理由と、その時代背景

f:id:thegriftsense:20160730065208j:plain

映画館の入場料金、1800円は高いか安いか。

僕も子供のころはときどき映画館に行っていたけれども、最近はまったくいかない。それは100円でレンタルしてきたDVDを部屋で観るほうが安上がりであるし、なにより気楽であるというのがいちばんの理由である。とくに映画館では上映中にトイレに行きたくなってしまった場合、最悪である。いや今回はトイレのことは置いておくとして、金額の面に関していえば、ポップコーンやドリンクもなかなかに高額である。1800円の入場料金に500円のポップコーンと300円のドリンクを買えば、なんとお値段はジャパネット高田も驚きの2600円である。それでも映画が満足のいく面白さならば安いと感じるかもしれないし、5000円払ってでも見たい映画だってきっとあるはずだ。しかしながら、その満足度には当然、個人差があって、1800円払って観た映画がハズレである可能性もあるのである。

 

続きを読む